<< 2008.11 >>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

このBlogについて
COCHI TOPへ
この記事に対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバックURLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

贅沢な清水絵理子トリオでの夜でした November 21, 2008

清水絵理子(P) 川村竜(B) 小山太郎(Dr)

tn_2008_11210015



今晩は清水絵理子(P)、川村竜(B)、小山太郎(Dr)のトリオ演奏でした。

もっと読む>>

清水絵理子はコチではお馴染みの人気ピアニストです。すーさん、今晩は彼女がリーダーのトリオだから彼女の思うジャズをやってくれるんだろうなと期待してやってきました。

演奏は清水絵理子のピアノだけのイントロから始まります。ベースの川村竜とドラムスの小山太郎はどういう風になるのかなと聞き耳を立てます(最後の写真)。やがて曲の全貌が見えて来るころにはベースとドラムスが入ってきて見事なトリオ演奏のできあがり。

清水絵理子はどんどん進化していくようで聞くたびに新しい感動を与えてくれます。ベースの川村竜は200年位前に製造されたというベースで重厚な低音を腹に直接感じさせてくれます。まるでギターを弾くようなテクニックもすごいですね。ドラムスの小山太郎は今回はシンバルを多用した華麗なバッキングでした。竹の束で作ったスティックでシンバルを叩くと透き通ったいい音が出ますね。

今晩は遊びにきていたベースの吉田豊も飛び入りで参加してくれて実に豪華な夜になりました。

tn_2008_11210019

tn_2008_11210002

tn_2008_11210005

tn_2008_11210022

tn_2008_11210001


[↑]
Up — posted by コチ @ 11:00PM | Comment(0) | TrackBack(0) 
この記事に対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバックURLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

今のところまだトラックバックされていません。


>